MENU
資産運用実績

【資産公開】2022年8月末の資産運用状況 | 30代共働き夫婦の資産形成【インデックス投資】

こんにちは。えーたパパ(@eitapapa_fireです。
インデックス投資で1億円の資産形成&サイドFIREをめざす30代サラリーマンパパです。

1億円達成に向けた軌跡を残すべく、資産運用状況を毎月ブログで公開しております。

今回は、2022年8月末の資産運用実績です。

では、早速結論から。

2022年8月末の資産運用状況
  • 総資産:4,197万円
  • 前月比: +34万円
えーたパパ

初めての2ヵ月連続で4,000万円台を維持!

ゆきママ

4,000万円達成⇒陥落のループから抜け出せた?

えーたパパ

うん!そうあってほしい!

それでは詳細をどうぞ!

えーたパパのプロフィールカード

30代共働き夫婦の総資産・月別推移(2022年8月末)

資産形成のイメージ画像

2022年8月末時点の、わが家の総資産額と直近1年間の月別推移です。

いつもお世話になっている資産管理アプリ『マネーフォワード ME』のデータを元に紹介します。

まずは総資産額から。

総資産額(2022年8月末)

まずは総資産額は以下です。(※確定拠出年金、ポイント、クレジットカード残債は割愛してます)

マネーフォワード資産推移画像(2022年8月末)
マネーフォワード資産推移画像(2022年8月末)

総資産額は、4,197万円となりました。

スクショで利用しているアプリ、『マネーフォワード ME』 は『ウチ今全部でいくらある?』がすぐわかる便利アプリです。

家計改善に役立ちますし、無料で始められるので、まだ資産管理アプリを使ったことが無い方は、ぜひお試しください。

きっと資産形成の役に立ってくれると思います。

マネーフォワード ME - 人気の家計簿(かけいぼ)

マネーフォワード ME – 人気の家計簿(かけいぼ)

Money Forward, Inc.無料posted withアプリーチ

我が家はインデックス投資でSBI証券楽天証券を家族分運用しており、口座数が多いため、ひとまとめに管理できるこのアプリを重宝しています。

マネーフォワード MEを実際に使ってみたレビューとおすすめポイントを以下の記事でまとめています。

アプリを使った資産管理に興味がある方はぜひご覧ください。

「絶対無料がいい!」という方には『おかねのコンパス』がおすすめです。

月別資産推移(直近1年間)

続いて直近1年間の月別資産推移です。

インデックス投資の資産推移(2022年8月)
  • 先月比:+34万円
  • 昨年同月比:+186万円

となりました。

続いて、資産別の先月比較がこちらです。

(スマホは横スクロールできます)

金融資産2022年7月末2022年8月末先月比
現金預金5,078,0605,078,060▲97,228

株式(ETF)20,374,24320,383,660+9,417
株式(投資信託)16,178,92016,612,145+433,225
合計41,631,223円41,976,637円+345,414円
えーたパパ

株安で本来もっと下がるところ、円安で持ちこたえてる感じですね。

【参考】わが家の資産運用方針(2022年4月~)

2022年4月以降、わが家ではざっくり以下の方針で資産運用を行っております。

資産運用方針

主なポイントが以下です。

  1. 無リスク資産は生活防衛資金の約500万円のみ。残りは全て株式で運用
  2. 毎月の投資額はざっくり月20万円が目安
  3. NISA枠はフル活用
  4. コア資産は全世界株式で運用。新規の投資対象はオルカン(投資信託)のみ
  5. サテライト資産でレバナスを運用。追加投資は行わない

コア資産(インデックスファンド)の運用状況

コア資産の投資元本・評価額・評価損益のサマリーです。

サマリー
  • 投資元本合計:3,423万円(先月比+132万円)
  • 評価額合計 :3,425万円(先月比+58万円)
  • 評価損益合計:+2万円(先月比▲73万円)

コア資産で運用している商品の紹介

コア資産で運用している商品の簡単な紹介はこちらです。

投資対象商品区分簡単な内容
eMAXIS Slim 全世界株式(オルカン)投資信託全世界株式市場の値動きに連動するファンド
eMAXIS Slim 先進国株式投資信託日本を除く先進国株式市場の値動きに連動するファンド
eMAXIS Slim 新興国株式投資信託新興国株式市場の値動きに連動するファンド
SBI・V・S&P500投資信託米国の代表的な株価指数であるS&P500指数に連動するファンド
VIG海外ETF10年以上連続して増配の実績を持つ米国株を投資対象とするファンド
QQQ海外ETF米国のNASDAQ100指数の値動きに連動するファンド
VEA海外ETF米国を除く先進国株式市場の値動きに連動するファンド

昔は米国株を中心としたポートフォリオを作っていた兼ね合いで、複数の商品が投資対象になっておりましたが、

2022年5月以降の毎月積立は、

『eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)』(通称:オルカン)

に一本化しています。

全世界に広く分散されており、どの国が伸びても自動的にリバランスしてくれる、とてもおすすめの投資信託です。

えーたパパ

オルカンは長期分散投資における最適解だと思っています!(信者)

オルカンに関する参考記事はこちらからご覧いただけます。

コア資産の資産配分状況(2022年8月末)

2022年8月末時点の資産配分状況がこちらです。

アセットアロケーション_202208

目標としている資産配分(アセットアロケーション)は、全世界株式(オルカン)相当です。

現在はざっくり以下の資産配分をめざしていますが、オルカンの構成比率の変化をゆるく追いかけ続けたいと思います。

目標の資産配分
  • 米国株式…60%
  • 先進国株式(米国除く)… 28%
  • 新興国株式… 12%

まだ少し先進国の比率が低いので、米国ETF(VIG、QQQ)の分配金や年末のリバランスで、VEA(米国を除く先進国株式)を加えて調整予定です。

コア資産のポートフォリオ、銘柄別リターン状況

コア資産を構成するポートフォリオ、銘柄別のリターンがこちらです。

銘柄投資元本(円)評価額(円)評価損益(円)リターン
eMAXIS Slim 全世界株式1,900,647

1,976,068+75,421+4.0%
eMAXIS Slim 先進国株式2,955,7764,743,764+1,787,988+60.5%
eMAXIS Slim 新興国株式3,687,8003,971,042+283,242+7.7%
SBI・V・S&P5002,960,2373,173,059+212,822+7.2%
VIG9,632,4289,206,627▲425,801

▲4.4%
QQQ7,003,7335,845,246▲1,158,487

▲16.5%
VEA6,087,3815,331,784

▲755,597

▲12.4%
合計34,228,002円34,247,590円+19,588円+0.1%

えーたパパ

トータル+2万円!笑

サテライト資産(レバナス)の運用状況

サテライト資産では、米国のNASDAQ100指数を対象にしたレバレッジ型ファンドに投資しております。

運用状況はこちらのとおりです。

投資対象投資元本(円)評価額(円)評価損益(円)リターン
大和レバナス3,430,3001,906,567▲1,523,735

▲44%
楽天レバナス1,600,000841,657▲758,343

▲47%
合計5,030,300円2,748,224円▲2,282,078円▲45%
えーたパパ

9月に入ってもう少し落とてるので、さらに損益は厳しくなってますね。

サテライト運用のお楽しみ枠として上限額を決めて運用しているので、どんなに下げようと追加投資は行わないルールにしています。

引き続き、NASDAQ100の復活を楽しみにしたいと思います。

まとめ

summary

2022年7月末の保有資産は4,197万

前月比較で+34万円の資産増となりました。

米国市場で言うと下げて上げてを繰り返しながら、全体トレンドとしては下落傾向に見えます。

この辺りで反発してくれると気持ちが良いですが、下げ続けても、今まで通り何も考えずに投資を続けていくスタンスです。

「THE 思考停止投資」ですね。

話は変わりますが、

8月のお盆休みは久々に家族と旅行に行けて、だいぶリフレッシュできました。

旅行で車運転してるときって、テレビやパソコンがない分、いつもより家族との会話がたくさんできていいなぁと改めて感じました。

ドライブ中、こども二人が疲れ果てて寝ている間は、妻と「10年後は何のお仕事しよっかー!」とか、「子どもたちが巣だったらどこで何しよっかー!」的な話をしているのですが、こんな会話をしている時間が一番楽しいですね。

さて、また次の旅行をしっかり楽しめるよう、9月もお仕事頑張っていきたいと思います!

今回の記事は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました!ではまた!

↓↓少しでも参考になったという方、本ブログを応援していただける方はぜひポチお願いします!励みになります♪↓↓

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
⇒インデックス投資の魅力を知りたい方におすすめの書籍